きれいもじ

「正しく整った文字」の書き方を分かりやすく徹底解説!

スポンサーリンク

わかりやすい◎いとへん のきれいな書き方。-Pickup!

♡おすすめ♡

ファーストステップアドバイス

こんにちは!凛です。

ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回はずっと書こうと思って手を付けずにいた(特に理由はない)、「いとへん」のきれいな書き方を解説していきます。

「いとへん」のきれいな書き方

「いとへん」の見本


こんな感じです。


「いとへん」の重要ポイント


まずはなんと言っても、これ!
この3つのポイントを

縦にまっすぐ通るようにします。
もちろん、4画目の縦画も一直線になるようにします。
正直これは、最初から相当意識していないと3点なかなかまっすぐ通らないです(泣)
ぜひ、繰り返し練習してほしいポイントです。


次に、点線部。
左右の縦を揃えます。


お詫び


以前の記事で、この緑色の部分を「横向き」と解説していました。
やはり、ある程度角度があった方が良いみたいです。
ごめんなさい!


「いとへん」の細かいポイント


「いとへん」を書く位置ですが、このように中心よりも少し左で終わるのが◎。
つくりにスペースを譲る気持ちで。

①45°くらい。平行に。

②ここまでを大体半分に収める。

③余白を均等に。

④5・6かくめは右上がりの関係に

⑤下の余白は大きめに。


書いてみました

幅が狭くてもポイントは同じ。


というわけで、今回は

「いとへん」のきれいな書き方。

でした♩

次回もお楽しみに♡



フォロー待ってます(*゚∀゚*)


LINE@
ブログ更新のお知らせ、お手本配信など。
友だち追加


オンラインショップ
https://kireimoji.official.ec/