きれいもじ

「正しく整った文字」の書き方を分かりやすく解説するブログ

スポンサーリンク

「真」のきれいな書き方。

こんにちは!凛です。


今回は「真」の書き方を解説します。

お名前にもよく登場する文字ですね(^^♪

正しく整った字形・書き方を覚えて≪きれいもじ≫へ一歩前進しましょう!

「真」のきれいな書き方

「真」の見本


こんな感じです。
皆さんもよかったら、普段のご自分の字で書いてみてくださいね。

「真」の重要ポイント


☆中心を意識する。
☆左右の長さを揃えてバランスを取る。
 「シンメトリー」と言いたいところですが、 横画が右上がりになるので、ちょっと違いますね(;´・ω・)

「真」の細かいポイント


1・2画目→左右、上下同じ長さになるように。
2画目の縦画は短くします。



①「目」の縦画はまっすぐに。
☆中心に納めます。
☆中の幅は均等にしましょう。
➁「目」は縦が出ます。



ちょっとごちゃごちゃしてますが…(m´・ω・`)m ゴメンなさい…
①「目」の中の2本目の横画がちょうど半分の位置にくると、上下のゆとりがある文字になります。
➁ここも「目」の中の幅と同じ広さになるとGOOD!
③強調する画です。長く、少し反ると◎。
➃最後の9・10画目。「目」の幅に合わせてスタートすると良いです。
☆具という字にも使えますね。
➄下は揃えます。


完成!


こうして解説してみると、「真」という字は「目」が色々な要素を持っていることが分かりますね。

幅を均等にするのはとても難しいですが、これができるとバランスの良さが格段に変わります。

書けなくても、めげずに「意識する」ことを心がけましょう(o^^o)!


LINE@
友だち追加
お手本配信やブログ更新のお知らせなど。
お友達追加お待ちしてます♩


twitterフォローしてね・:*+.\*1/.:+


オンラインショップ きれいもじ
https://kireimoji.official.ec/

*1: °ω°