きれいもじ

「正しく整った文字」の書き方を分かりやすく解説するブログ

スポンサーリンク

「助」のきれいな書き方。

今回は「助」のきれいな書き方を解説します。

「助」の見本



「助」の全体像

まずは、全体像を把握しましょう。
左右のパーツに分かれていて、幅はほぼ同じ。
5画目と7画目がそれぞれ中心線を越えて組み合わさっています。



「助」のポイント

①まっすぐ、平行に。

【重要】
②5画目が右上がりで通るため、1画目と2画目 の終わりの高さを変える必要があります。
(2画目を少し上で終わらせる。)
同じ長さにしてしまうと、2画目が下にはみ出してしまうので注意です。
 
☆後の線の事も考えて書くのも、きれいな文字を書くための大切なポイントです。




③間隔を揃える。

④横画は右上がりに揃える。

⑤5画目は、思い切って右上がりにシュっと払い上げる。
★少し中心線を越えるくらいが良いです。




⑥「力」の書き始めは、「且」部分の半分を目安に。

⑦高さをだいたい揃えます。

⑧「力」が少し下になるように。
左下に余白をつくります。


「力」の書き方はこちらを参考に↓↓
www.kireimoji.work




完成!





LINE@
友だち追加

新しく、お友達追加してくださった方、メッセージくださった方、ありがとうございます。
お返事できておらず、申し訳ありません(>人<;)
先月、第3子を出産しまして、つわりやら上の子の保育園の準備やら、出産準備やら…でブログ更新が半年ほど滞っていました_φ(・_・⤵︎⤵︎

LINE@の配信、お返事は気長にお待ちいただけると嬉しいです(;o;)