きれいもじ

「正しく整った文字」の書き方を分かりやすく解説するブログ

スポンサーリンク

★リクエスト★「愛」のきれいな書き方。

公式LINEにてリクエストをいただきました。

ありがとうございます(o^^o)

 

お友達追加はこちらから

ひらがなのお手本プレゼントしています。

 

 

「愛」の見本

f:id:f3f7r:20200505011337j:image

*4年生の漢字です。

 

 

 

「愛」の書き順

f:id:f3f7r:20200505011443j:image

13画です。

 

 

 

「愛」の中心

f:id:f3f7r:20200505011533j:image

・3画目の点

・9画目の点

・12画目

・交わるところ

など、中心を通すためのポイントを覚えましょう。

 

 

 

「愛」のポイント

f:id:f3f7r:20200505011915j:image

①ねかせる。

(角度をつけすぎると、縦長になりすぎてしまうので、注意が必要です。)

②ナナメに、短く。

③中心に向かってシュッと払う。

 

 

 

f:id:f3f7r:20200505144635j:image

④「ツ」の上部は右上がりに。

⑤隙間を空ける。

⑥だいたい幅を揃えると◎

 

 

 

f:id:f3f7r:20200505144840j:image

⑦少し外向きに。止める。

⑧右上がり。次の画に向けてシュッ。

⑨「心」の下は揃える。

 

 

 

f:id:f3f7r:20200505233256j:image

⑩「心」の上部は右上がりになるように。

⑪ここまでを、半分より少し下でまとめると、残り3画がゆったり書けます。

⑫45°くらい。下までしっかり伸ばしましょう。

 

 

 

f:id:f3f7r:20200505233604j:image

⑬11画目と角度を揃えて。

⑭止めて、払う。

⑮下を揃える。

 

 

 

+プラスポイント

f:id:f3f7r:20200505233725j:image

それぞれのパーツの幅も要チェックです!

 

 

 

完成!

f:id:f3f7r:20200505233844j:image

 

 

 

Twitterも良かったらフォローしてください♪