きれいもじ

「正しく整った文字」の書き方を分かりやすく解説するブログ

スポンサーリンク

「短」きれいな書き方。

今回は「短」の書き方を解説します。

 

「短」の見本

f:id:f3f7r:20211122145312j:image

 

 

 

「短」の画数
f:id:f3f7r:20211122145335j:image

12画です。

 

 

 

「短」のポイント
f:id:f3f7r:20211122145332j:image

①1画目、30度くらいで払う。

②3画目、左側を長く出す。

③4画目の最後はしっかり横に向けて払う。

 

 

 

f:id:f3f7r:20211122145340j:image

④●部分、必ず少し空ける。(5画目の点は少し下に書く。)

⑤右側を中心より少し左でまっすぐに揃える。

⑥横画は右上がりに揃える。(「豆」の最後の横画は、バランスを取るために少し反ります。)

 

 

 

f:id:f3f7r:20211122145343j:image

⑦「豆」左右の長さを揃えて中心をしっかり捉えましょう。

⑧「口」左側の縦画と右側に横画を出します。

⑨長く、少し沿って全体のバランスを取りましょう。

 

 


f:id:f3f7r:20211122145337j:image

⭐︎斜線部分に余白を作って、それぞれのパーツの邪魔をしないようにすると◎です。

 

 

 

完成!

f:id:f3f7r:20211122145312j:image

 

 

 

noteもやってます

りこ|note

小学校1年生漢字練習(50音順)|りこ|note

 

 

Twitter

 

 

 

インスタ

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by りこ (@riko_kireimoji)