きれいもじ

「正しく整った文字」の書き方を分かりやすく解説するブログ

スポンサーリンク

あ、のきれいな書き方。

 ☆2019年2月3日 New☆

 

「あ」のきれいな書き方

 

「あ」がきれいに書けない!という方。

 

ぜひ、ペンと紙を用意してご覧ください。

 

読みながら書いたら、

 

「あれ?きれいになってる⁇」

 

かもしれません。

 

 

「あ」の見本

f:id:f3f7r:20161014222503j:image

 こんな感じです。

 

 

「あ」のポイント

1画目

f:id:f3f7r:20190204013739j:image

①右上がりに。短めにしましょう。

➁下に少し反ると◎です。

 

2画目
f:id:f3f7r:20190204013744j:image

①中心からスタート。

➁少しふっくらさせて。

③中心よりもほんの少し左で終わります。←これ、重要です。

 

3画目
f:id:f3f7r:20190204013757j:image

①1画目の右端よりも、少し内側から始めましょう。

➁1画目と下を揃えます。

③上に向かって折れます。


f:id:f3f7r:20190204013752j:image

➃ここを一番高く。

➄45°くらいで、スッと払います。

➅ゆったりとした空間を作ると良いですね。

 

 

「あ」の外形
f:id:f3f7r:20190204013748j:image

二等辺三角形になるように。

これはつまり、3画目の広げ方を左右同じくらいにする、ということです。

このバランスが崩れると、字が傾いてしまうので皆さんもぜひチェックしてみてください。

 

 

「あ」の字源と変遷

f:id:f3f7r:20190204023818j:image

「安」という字から出来ています。

 

f:id:f3f7r:20190204023822j:image

 平安時代には、こんな感じで書かれていました。左はまだまだ漢字の要素が強いですね。

 

「あ」が上手く書けると気分が良いですね♩

 

練習はマス目を使うことをオススメします。無ければ、フリーハンドでもOK!

 

 

LINE@

友だち追加

お手本配信、ブログ更新のお知らせなどなど。

お気軽にメッセージ下さい♩