きれいもじ

「正しく整った文字」の書き方を分かりやすく解説するブログ

スポンサーリンク

小3

「想」のきれいな書き方。

今回は「想」の書き方を解説します。 「想」の見本 「想」の書き順 13画です。 「想」のポイント 「相」は周りの余白も含めて考え、バランスを取りましょう。 ①2対1の割合に。 ②真っ直ぐ。 ③同じ広さに。 ④必ず空ける。 (少し下に点を打つ。) ⑤揃える。 ⑥ま…

「息」のきれいな書き方。

今回は「息」の書き方を解説します。 「息」の見本 「息」の書き順 10画です。 「息」のポイント ①中心からスタート。 45°くらいでシュっと払う。 ②「自」の縦画はまっすぐ。 ③間を均等に。 ④横画は右上がりに揃える。 ⑤縦画を出す。 ⑥斜め。外向きに広がる…

「送」のきれいな書き方。

今回は「送」の書き方を解説します。 「送」の見本 「送」の書き順 9画です。 「送」の構成 「しんにょう」に「关」をしっかり乗せるのがポイントです。 「送」の細かいポイント ①1画目の点は中心に打つ。 ②少し高い位置から ③横画は右上がりに。 ④隙間を空…

「相」のきれいな書き方。

今回は「相」の書き方を解説します。 「相」の見本 「相」の書き順 9画です。 「相」の外形 「きへん」は中心よりも少し左で終わらせて。 「目」は周りの余白も含めて、バランス良く収めましょう。 「相」のポイント ①右上がりに。中心よりも少し左で止める…

「全」のきれいな書き方。

今回は「全」の書き方を解説します。 「全」の見本 「全」の書き順 「全」のポイント ①中心からスタート。45°の角度で。 気持ちよく払いましょう。 ②こちらも45°。止めて、払う。 ③横画は右上がりに揃える。 ④中心を捉えて、縦画はまっすぐ。 ⑤同じ広さ。 ⑥…

「昔」のきれいな書き方。

今回は「昔」の書き方を解説します。 「昔」の見本 「昔」の書き順 「昔」のポイント ★横画は右上がりに揃えましょう。 ①短めに。 ②ほんの、ほんの少し内側に入れる。 ③中心からの余白を等しく。 ④少し高く。 ⑤長く強調。少し反ると◎。 ⑥「日」の縦画はまっ…

「整」のきれいな書き方。

今回は「整」の書き方を解説します。 「整」の見本 「整」の書き順 「整」の書き方ポイント ①右上がり、中心より少し左で止める。 ②内に入れる。 ③縦画と横画をそれぞれ出す。 ④7画目のは少し下げる。ココは必ず空ける。 ⑤均等に。 ⑥縦に揃える。 ⑦少し下げ…

「世」のきれいな書き方。

今回は、「世」の書き方を解説します。 「世」の見本 「世」の書き順 「世」のポイント ①右上がりに。長く強調。 ②中心に、まっすぐ。 ③少し低くする。 ④ほんの少し斜めにする。 ⑤「縦」と「横」を出す。 ⑥3画目よりも少し低く。 ⑦3画目と同じ角度で、ほんの…

「進」のきれいな書き方。

今回は「進」の書き方を解説します。 「進」の見本 「進」の書き順 「進」のポイント ①中心線の確認。文字のどの辺りが中心か覚えましょう。 ②1画目は30°くらいでシュっと払う。 中心よりも少し右からスタート。 ③2画目は中心に、まっすぐ。 この線がズレる…

「深」のきれいな書き方。

今回は「深」の書き方を解説します。 「深」の見本 「深」の書き順 「深」の構成 「さんずい」1:「つくり」2 「さんずい」の書き方はこちらをご覧ください。 www.kireimoji.work 「深」のポイント ①4画目は外向きに。最後は止め。②次の画に向けてシュっと…

「神」のきれいな書き方。

今回は「神」の書き方を解説します。 「神」の見本 「神」の書き順 「神」のポイント 「しめすへん」 ①1画目のはじめと3画目を縦にまっすぐ通す。②右端を揃える。 ③ぐいっと右上がりに。④5画目のはじめは2画目の角を目安に。 中心からスタート。⑥同じ角度で…

「身」のきれいな書き方。

今回は「身」のきれいな書き方を解説します。 「身」の見本 「身」のポイント ①中心からスタート。45°の方向にシュっ。②縦画はまっすぐ、曲がらない。③横画は右上がりに揃える。 ④45°くらいでハネる。中心を越えないように。⑤間隔を揃える。⑥左を長く出す。 …

「申」のきれいな書き方。

今回は、「申」の書き方を解説します。 「申」の見本 「申」のポイント ①同じ角度で内側に入れる。②横画は右上がりに揃える。③縦画を出す。 ④同じ間隔に。⑤中心に、まっすぐ。 スッと抜いて払う。⑥「止め」でもOKです。 +α 「日」を半分よりも上に書いて、…

「植」のきれいな書き方。

今回は「植」の書き方を解説します。 「植」の見本 「植」のポイント 「植」の見本 「植」のポイント ①2対1の割合に。②まっすぐ、曲がらない。③同じ広さ。 ④必ず空ける。⑤右端を揃える。⑥1画目と5画目の横画は、横並びにすると◎。 ⑦少し高く。まっすぐ、曲が…

「乗」のきれいな書き方。

今回は「乗」の書き方を解説します。 「乗」の見本 「乗」のポイント 「乗」の見本 「乗」のポイント ①ねかせてシュっと払う。②間隔を等しく。③横画は右上がりに揃える。 ④長く強調。少し反ると◎。⑤横画は中心からの距離を等しくする。⑥まっすぐ。 この線が…

「勝」のきれいな書き方。

今回は「勝」の書き方を解説します。 「勝」の見本 「勝」の構成 「勝」のポイント 「勝」の見本 「勝」の構成 「へん」と「つくり」が1対2になるようにします。 「勝」のポイント ①「月」の1画目、はじめはまっすぐに。 →半分を過ぎたら緩やかに曲げて払い…

「章」のきれいな書き方。

今回は「章」の書き方を解説します。 「章」の見本 「章」の重要ポイント 「章」の細かいポイント 「章」の見本 「章」の重要ポイント ①中心を捉える。 1画目の点、「日」の真ん中、最終画の縦画。 1画目は斜めの点でもOK。 その場合は45°で。②5画目は思い切…

「商」のきれいな書き方。

今回は「商」の書き方を解説します。 「商」の見本 「商」のポイント 「商」の見本 「商」のポイント ①中心を捉える。 1画目の点→3・4画目の間→口の中心を目安に。②2画目は全体の幅を考慮して長めに。 上がり、少し反ると◎。③3・4画目のはじめは、中心からの…

「消」のきれいな書き方。

今回は「消」の書き方を解説します。 「消」の見本 「消」の構成 「消」のポイント 「消」の見本 「消」の構成 「へん」と「つくり」のバランスをチェック! 「さんずい」が左から3分の1程度に収まるようにします。 ★「さんずい」の書き方はこちらを参考に。…

「昭」のきれいな書き方。

今回は、「昭」の書き方を解説します。 昭和生まれの方、必見です。←私もギリギリ昭和人。 「昭」の見本 「昭」の全体像 「昭」のポイント 「昭」の見本 「昭」の全体像 余白に注目。 「昭」のポイント ①「日」は半分を基準にし、少し上に配置。②縦画はまっ…

「助」のきれいな書き方。

今回は「助」のきれいな書き方を解説します。 「助」の見本 「助」の全体像 「助」のポイント 「助」の見本 「助」の全体像 まずは、全体像を把握しましょう。 左右のパーツに分かれていて、幅はほぼ同じ。 5画目と7画目がそれぞれ中心線を越えて組み合わさ…

「暑」のきれいな書き方。

今回は「暑」のきれいな書き方を解説します。 「暑」のきれいな書き方。 「暑」の見本 「暑」のポイント 「暑」の見本 「暑」のポイント まずは、全体像を把握しましょう。 「日」と「者」は1対2の大きさ(高さ)です。 「日」を大きく書きすぎると、尻つ…

「所」のきれいな書き方。

今回は「所」の書き方を解説します。 「所」のきれいな書き方。 「所」の見本 「所」の書き方ポイント これもOK☆ 「所」の見本 「所」の書き方ポイント ①横画は右上がりに揃える。 (簡単そうで、難しい。丁寧に書いていきましょう☆) ②少し内側に入れる。③3…

「宿」のきれいな書き方。

今回は「宿」のきれいな書き方を解説します。 「宿」のきれいな書き方 「宿」の見本 「宿」の書き方ポイント 「宿」の見本 「宿」の書き方ポイント ①●部分を中心に配置する。 (白紙に書く場合は、1画目の点を基準に中心が通るように意識する。) 【重要】 …

「重」のきれいな書き方。

今回は「重」の書き方を解説します。 「重」のきれいな書き方。 「重」のきれいな書き方。 「重」の見本 「重」の書き方ポイント 「重」の見本 「重」の書き方ポイント ➀1画目はできるだけ寝かせる。 (角度をつけると、2画目とぶつかってしまったり、 縦に…

「住」のきれいな書き方。

今回は「住」の書き方を解説します。 「住」のきれいな書き方 「住」のきれいな書き方 「住」の見本 「住」の重要ポイント 「住」の細かいポイント 「住」の見本 「住」の重要ポイント 「へん」と「つくり」、「にんべん」と「主」のバランスを1対2 にしまし…

「集」のきれいな書き方。

今回は「集」の書き方を解説します。 「集」のきれいな書き方 「集」のきれいな書き方 「集」の見本 「集」の重要ポイント 「集」の細かいポイント 「集」の見本 「集」の重要ポイント ①中心を通す。 5画目・10画目の縦画をしっかりと中心に配置すると◎です…

「習」のきれいな書き方。

今回は「習」の書き方を解説します。私は苦手な字です。出てくると「うっ( ´△`)」ってなる。 「習」のきれいな書き方 「習」のきれいな書き方 「習」の見本 「習」の重要ポイント 「習」の細かいポイント 「習」の見本 「習」の重要ポイント ☆まずは、中心…

「終」のきれいな書き方。

今回は「終」の書き方を解説します。 「終」のきれいな書き方 「終」のきれいな書き方 「終」の見本 「終」の重要ポイント 「終」の細かいポイント 「終」の見本 「終」の重要ポイント ☆兎にも角にも「いとへん」の形! 「いとへん」は以前Pickup!で解説して…

「拾」のきれいな書き方。

今回は「拾」の書き方を解説します。 「拾」のきれいな書き方 「拾」のきれいな書き方 「拾」の見本 「拾」の重要ポイント 「拾」の細かいポイント 「拾」の見本 普段書く頻度は少ない文字だと思いますが、「へん」や「つくり」それぞれ応用できますので、丁…