きれいもじ

「正しく整った文字」の書き方を分かりやすく解説するブログ

スポンサーリンク

「暑」のきれいな書き方。

今回は「暑」のきれいな書き方を解説します。


「暑」のきれいな書き方。

「暑」の見本




「暑」のポイント

まずは、全体像を把握しましょう。
「日」と「者」は1対2の大きさ(高さ)です。
「日」を大きく書きすぎると、尻つぼみでアンバランスになってしまいます。
「者」にゆったりと空間を譲る気持ちで。



【重要】

「暑」という字は、横画がとても多い!全部で8カ所。
「横画は右上がりに揃える」
文字を書く時の基本中の基本ですが、数が多ければ多いほど揃えるのは難しい。
緩やかな右上がりが◎。
上がりすぎにも注意。




①同じ角度で内に入れる。

②「縦画」が出る。

③間隔を等しく。




④長く強調、少し反ると◎。

⑤「日」の右下を目安にスタート。45°くらいで。

⑥中心よりほんの少し右で交わる。




⑦払いがほんの少し外に出る。

⑧まっすぐ。
(「日」の縦画、使われる場所によって変わります。)

⑨「縦画」が出る。




⑩間隔を等しく。

⑪中心を通す。
(下の「日」の1画目は、中心よりも少し左を通る。)




完成!





LINE@
友だち追加

新しく、お友達追加してくださった方、メッセージくださった方、ありがとうございます。
お返事できておらず、申し訳ありません(>人<;)
先月、第3子を出産しまして、つわりやら上の子の保育園の準備やら、出産準備やら…でブログ更新が半年ほど滞っていました_φ(・_・⤵︎⤵︎

LINE@の配信、お返事は気長にお待ちいただけると嬉しいです(;o;)