きれいもじ

「正しく整った文字」の書き方を分かりやすく解説するブログ

スポンサーリンク

「想」のきれいな書き方。

今回は「想」の書き方を解説します。

 

「想」の見本

f:id:f3f7r:20200401004407j:image

 

 

 

「想」の書き順

f:id:f3f7r:20200401004432j:image

 13画です。

 

 

 

「想」のポイント

f:id:f3f7r:20200401004504j:image

 「相」は周りの余白も含めて考え、バランスを取りましょう。

 

 

 

f:id:f3f7r:20200401004517j:image

①2対1の割合に。

②真っ直ぐ。

③同じ広さに。

 

 


f:id:f3f7r:20200401004521j:image

④必ず空ける。

(少し下に点を打つ。)

⑤揃える。

⑥まっすぐ、曲がらない。

 

 


f:id:f3f7r:20200401004524j:image

⑦同じ広さに。

⑧「目」は縦画を出す。

⑨「目」は「木」よりも少し上で終わる。

 

 


f:id:f3f7r:20200401004527j:image

⑩少し外に向けて。

⑪「心」の上部は右上がりに揃える。

⑫下を揃える。

 

 

 

完成!

f:id:f3f7r:20200401223345j:image

 

 

 

【Twitter】

 

 

【公式LINE】

 

ひらがなのお手本プレゼント☆彡