きれいもじ

「正しく整った文字」の書き方を分かりやすく解説するブログ

スポンサーリンク

名前をバランス良く書くには?


こちらの記事に質問をいただきました!

明 思 多 用 の書き方。 - きれいもじ


あすか (219.100.184.148)
2018-11-21 00:01:10
はじめまして。自分の名前くらい綺麗にかけたらなぁと、練習しているのですが、明日香がうまく書けません。 いろいろ参考にし、明は月の一画目が中心だということは意識して書くのですが、そうすると明だけ左にズレているように感じるのです。 コツはありますでしょうか?


という内容です。


あすかさん、ありがとうございます(^-^)


言葉でのお返事のみだと、分かりにくいので、了承を得て記事にさせていただきました!


練習方法や、文字の見方の参考になれば嬉しいです(^o^)!


まず、いつも通り(LINE@のお友達にはおなじみのマス目)書いてみました。

こんな感じ。まっすぐ書けてる、と思います。



次に周りのマスを色付けしてみました。


さて、ここで注目するのは、マス目=書くスペースに対して、文字がどのように収まっているか。


今回は、質問が「明」が左にズレているように感じる、ということでしたので、左右の余白がどのくらいなのかを示してあります。


中心線の意識ももちろん大切ですが、私はいつも、「周りの余白がどうなっているか」を見るようにしています。


「明」という字の左右の余白、ほぼ同じくらいになっています。


「日」は少し小さめに書きます。こちらも左右の余白は同じです。


「香」は左右払いがありますので、左右均等にしっかり広げます。



こんな感じで、色んな「余白」に注目してみると、書くスペースに対して文字をどのように収めるか、が分かってくると思います。


面倒くさい…かもしれませんが、「きれいな文字」を書くには欠かせない要素です。



さて、マス目で大体のバランスが掴めたら、白紙で練習してみましょう。

こんな感じ。



こちらも、周りに線を引いてみました。


マス目で書いた余白のポイントと、ほぼ同じように書けていると思いますヽ(・∀・)



このように「余白」にも注目する事で、文字の中心・中央に収める書き方が分かり、結果的にがまっすぐ書けるようになってきます。


難しいかもしれませんが、ぜひコツコツ練習してみてください♩♩


★「明」の日と月の幅についても質問をいただきました。月の方が少し広めになっていると思います。




♯お知らせ
LINEのビデオ通話にて、お名前の書き方などアドバイスをさせていただきます(^^)
講座のお申込みはこちら♡


LINE @
友だち追加
お手本配信、ブログ更新のお知らせなどなど。
お手本のリクエストやメッセージ、お気軽にどうぞ♡