きれいもじ

「正しく整った文字」の書き方を分かりやすく解説するブログ

スポンサーリンク

「打」のきれいな書き方。

「打」のきれいな書き方を解説します。

 

 

「打」の見本

f:id:f3f7r:20210209014148j:image

 

 

 

「打」の書き順

f:id:f3f7r:20210209014423j:image

5画です。

 

 

 

書き方解説

 

f:id:f3f7r:20210209014122j:image

全体構成は、「てへん」1  対「つくり」2 を目安に。

 

 

 

f:id:f3f7r:20210209014126j:image

①2対1

②揃える。(つくりのジャマをしないように。)

③左端も揃えるとスッキリします。

 

 


f:id:f3f7r:20210209013910j:image

④ハネは次の画に向かいます。

⑤3画目の「シュっ」も次の画に向かうと◎。

⑥「てへん」の縦画と横画のバランス。

 1対1対2 くらいがベスト。

 

 


f:id:f3f7r:20210209014118j:image

⑦1画目と4画目は横に並んで、右上がりに揃うと◎。

⑧4画目のはじまりは、ほぼ中心から。

⑨5画目、まっすぐ下ろします。

 

 


f:id:f3f7r:20210209013833j:image

⑩「丁」の終わりが少しだけ下になるように。

⑪最後のハネは大きくのびのびと。

 

 

 

完成!

f:id:f3f7r:20210209014148j:image