きれいもじ

「正しく整った文字」の書き方を分かりやすく解説するブログ

スポンサーリンク

「炭」のきれいな書き方。

 

今回は、「炭」の書き方を解説します。

もうあのアニメしか思い浮かばない…(^-^)!笑

 

「炭」の見本

f:id:f3f7r:20211118155415j:image

 

 

 

「炭」の画数

f:id:f3f7r:20211118155423j:image

9画です。

 

 

 

「炭」のポイント

f:id:f3f7r:20211118155445j:image

①1画目で中心が決まるので、狙いを定めて、真っ直ぐに。

②2画目3画目のはじめは、横画の右上がりに合わせるときれいです。

③間隔を等しくしましょう。

 

 

 

f:id:f3f7r:20211118155442j:image

④縦画を出します。(出しすぎると、下の横画の邪魔になるので注意!)

⑤山の横幅と、「灰」の上部をだいたい揃えます。

⑥5画目は短くせず、下の方までしっかりと伸ばして払います。

 

 

 

f:id:f3f7r:20211118155703j:image

⑦「火」の中心は、文字の中心よりほんの少し右です。

 (4画目の横画の中心を狙うと良いです。)

⑧6画目7画目も右上がりの関係にします。

⑨「火」の下は揃えます。

 (左払い、最後をしっかり曲げると◎)

 

 

 

完成!

f:id:f3f7r:20211120003751j:image

 

 

 

noteもやってます♡

りこ|note

小学校1年生漢字練習(50音順)|りこ|note